Topics/Press Releaseトピックス/プレスリリース

more

About会社情報

more

2008年の創業以来、スマートフォン市場を中心に事業展開してきた当社が、何の為に存在し、何を求めて、何を起こして来たのか、当社の未来でなく「今」をご覧下さい。

  • メッセージ

    当社のビジョンならびにコーポレイトロゴに込められた意味をご説明します。

    より詳しく
  • 会社概要

    当社の会社概要をご覧いただけます。その他のページもぜひご覧ください。

    より詳しく
  • 沿革

    サービスや事業の展開など2008年4月より歩んできた当社の沿革をご紹介します。

    より詳しく
  • 案内図

    当社の本社所在地はこちら。地図やアクセス方法についてご案内しています。

    より詳しく

Serviceサービス

more

IT、モバイル、特にスマートフォンという市場において、“アプリ開発者をハッピーにする”という基軸からブレずに様々な事業を展開しています。プラットフォーム事業としては、クラウドサービス『itemstore(アイテムストア)』があります。アプリ開発者向けに、実装ハードルの高かったアプリ内アイテム課金を容易に導入でき、広告以外のマネタイズをサポートしてくれるサービスです。メディア事業としては、『peep(ピープ)』があります。サブカルチャークリエイターとそのファンの繋がりをコミュニケートする”写真と声のメッセージングアプリ”です。

itemstore

2016年5月に『appC cloud』のコンセプトを継承した形でリリースした『itemstore(アイテムストア)』は、アプリ開発時にハードルの高かったアイテム課金機能を簡単に導入スタートできるクラウドツールになります。ソーシャルゲームやカジュアルゲームだけでなく最近ではツール系、コミュニケーション系のアプリにも導入が増えているアプリ内アイテム課金が容易に始められるのです。アイテム課金があるアプリはコアなファンが定着しアプリのライフタイムが長くなるという統計が出ています。広告以外のマネタイズツールとして最も注目される機能を提供することでアプリ開発者をハッピーにします。

  • Website
img_top_03

peep(ピープ)は自分や他のユーザーが投稿した写真をのぞいて見ることができるサービスです。こすって、のぞく。その先には笑いあり、涙あり、怒りあり、そして失笑も・・・・見えないものが見えた、まさにその「一瞬」を楽しむためのコミュニケーションアプリです。「メッセージを見て」「写真をこする」「写真と出会う」その瞬間メッセージの真意があなたに伝わるはずです。

さぁ、peepしてみませんか?

peep

  • Website

[アプリダウンロード]

  • Android app on Google Play

  • Recruit採用情報

    more